伊勢原山王幼稚園 -神奈川県伊勢原市- 学校法人 山王学園

理念ブログ ~理事長の耳 園長の目~

子どもから学ぶ!
2015年10月23日 金曜日

H27.10.23

秋も深まってきた今日この頃、

空の青さ、雲の白さ、木々の紅葉、自然の移り変わりも感じます。

 さて、さる10月10日(土)に山王幼稚園の運動会が行われました。

いちご(満三歳児クラス)・年少・年中・年長と年齢差はありますが、

どの学年・どの子も輝いていました。それぞれの成長が顕著に感じられました。

自信に満ち溢れた子ども達から感動を沢山もらいました。

 

そんな中、心を打たれた出来事がありました。

いちご組(満三歳児クラス)のSちゃんの出来事です。

Sちゃんは運動会のかけっこの途中で転んでしまいました。

「あ~!!転んだ!!きっと痛みと人前での緊張で泣いてしまうかも!?」

と見つめていたら、何と!Sちゃん!すぐに立ち上がり

ゴールまで走って行きました。

「えー!!すごい!!すごい!!」大きな拍手をしてしまいました。

当日はSちゃんを褒めてあげる事も、

頭を撫でてあげる事も出来なかったのですが、

連休明けの火曜日に会えた時に「Sちゃん、運動会転んでも泣かないで、

すぐに立ち上がってゴールまで走れて偉かったね。凄かったね。」

と言って頭をそっと撫でてあげました。

そしたらSちゃん、にこって笑って

『うん!!だってね、心が強くなったんだよ!』って…。

私はもうびっくりしました。びっくりしている私にもう一度

『心がね、すごく強くなったんだ~』と繰り返し伝えてきました。

幼稚園で一番小さい満三歳児、4月から半年しかたっていないのに、

日々の生活、経験がSちゃんの心を体を強くたくましくしていったのでしょう。

にこって笑うSちゃんが涙でぼやけてしまいました。

子どもに教えられるという事は正にこの事!! 

 

何年仕事をしても色褪せないのは、こんな嬉しい感動があるからですね。

「Sちゃんありがとう」って見送った、

いつもは小さいSちゃんの背中がすごく大きく見えました。

子どもってすごい!!本当に無限の可能性があるんだなぁ、って

改めて思えた嬉しい出来事でした。

 

教頭 市村恵美子

 

伝統!!
2015年10月9日 金曜日

昨日、今日と運動会のリハーサルが全学年そろって

行なわれました。それぞれの学年が他の学年の前で発表しました。

年長は後輩の種目を懐かしそうに温かい目で見守り、年中・少は

先輩の種目を憧れの眼差しで真剣に見つめていました。

年長の組立体操を見ている子ども達は満三歳児のいちご組さんまで

身動きせずじっと見ていました。発表終了後体操の先生の

「おおきくなったらやってみたい?」という問いかけに

「うん!!やってみたい。すごいね」と答えていました。

年長の子ども達も去年そう言ってたなぁ、こうして子ども達は

目標を見つけ、日々積み重ね達成していくのだなぁと思いました。

なんでも一生懸命頑張ること、友達と心を一つにして作り上げる

大切さを今年も年長から後輩にバトンタッチされたように思います。

さあ、明日は運動会、好天に恵まれ全員参加の素晴らしい

一日となりますように!!

小山容子

 

嬉しい便り
2015年10月8日 木曜日

昨日あるお母様からうれしいお手紙をいただきました。

卒園生の小学校での活躍をお知らせくださいました。

それも一人だけの事ではなく、たくさんの子ども達が色々な

場面で活躍しているとの内容で本当にうれしく思いました。

幼稚園で日々積み上げていたことが小学校で花開いているようで

自分の事のようにうれしかったです。そしてお手紙の最後に

「山王幼稚園に通わせて本当に良かった。」という私たち職員にとって

何よりものお誉めの言葉を頂戴しました。うれしくて職員にもお手紙を

見せて共に喜びました。明日からもっともっと子ども達の成長の

お手伝いを頑張ろう!!その頑張りの先にはまた自分たちの幸せが待って

いると実感しました。皆様に幸せになっていただき、自分たちも幸せになれる!!

なんて幸せな仕事だと心より思いました。ありがとうございます。

さあ、今週末の運動会も張り切って頑張ろう!!

                                                                  小山容子

 

優しいお姉さん
2015年10月1日 木曜日

いちご組の前を通った時の事です。いちご組の前にトイレが

あるのですが、年長さんがいちごさんのトイレのお手伝いを

してくれていました。とても優しい上手な声のかけ方に

「先生みたい!」と思いました。

トイレが済むと「上手にできたね。しっかりパンツをあげてね。」

「さあ、おててを洗いましょう。」と水道に連れて行ってくれました。

私が「本当に先生みたいね。優しいお姉さんありがとう!!」と言うと

にっこり笑って「どういたしまして」と軽い会釈を返してくれまたまた

大人の対応にびっくりでした。年長さんの成長の嬉しさといちごさんの

「お姉ちゃん、ありがとう」のお礼の言葉に心がほのぼのとした瞬間でした。

共に育つって素敵ですね!!

小山容子