伊勢原山王幼稚園 -神奈川県伊勢原市- 学校法人 山王学園

園のこだわり

エンゼルの節分

2016年2月8日 月曜日

H28.2.8(月)

 エンゼルでも1月の下旬から節分に向けて、豆まきの準備を始めました。

お面づくりでは、クレヨンで『鬼の顔の塗り絵』を「鬼なんてやっつけてやる!」と力強く塗っている子や「かわいい鬼にするのぉ~」とピンク色に塗っている子など、それぞれの思いを込めた強そうな鬼のお面が出来上がりました。

CIMG9276

 

 

次は、豆を入れる箱作りです。

ラップの芯に毛糸を巻いたローラーを、水色の画用紙の上で転がすと…

なんとな~くトラのパンツの模様のように見えませんか?

CIMG9253

 

牛乳パックに黄色い色画用紙を貼りその上に鬼のパンツを巻き付けて貼りました。

角はクレヨンで塗り、目・鼻・口をシールで貼って出来上がりです!

それぞれ同じ材料でも個性豊かな出来栄えで、見ていると楽しい気分になってきます。

いつもは人差し指を使って糊つけする約束なのですが、今回は糊つけ範囲が広かったので特別に3歳の3本の指を使うことにしたところ糊の感触を楽しみながらとても豪快に塗りのばしていました。

(火・木クラスの作品)    

CIMG9286     

(水・金クラスの作品)

CIMG9320     

 

さて、豆まき当日の日。(火・木クラスは前日の2日に行いました)

泣き虫鬼怒りんぼ鬼やだやだ鬼病気鬼、それにお菓子ばっかり食べてご飯が嫌いな食いしん坊鬼が友達を探しに来る『節分』のパネルシアターを見ました。

みんなの心の中にこんな鬼が入り込まないように大きな声で「鬼は~外!」と言ってそれぞれ倒してしまいました。

CIMG9433

 

そして、今度は外に出て豆まきです。

初めに『今年も丈夫な体でいられますように』と年の数だけお豆を食べて(本来は撒いたお豆を食べる風習のようですが)元気を蓄えて鬼退治です!

CIMG9437

 

大変!!悪い心の鬼に入り込まれた火・木クラスは運転手の蔵光さんを、

水・金クラスは伊久美先生を助けるために、みんなで一生懸命豆をまいて

大きな声で「鬼は~外!!」と鬼退治をしました。

CIMG9365CIMG9445CIMG94512

ほら、みんなのお陰でまたいつもの優しい伊久美先生に戻ったよ❤

蔵光さんも優しくバスの送迎をしてくれて良かったね!

 

                          エンゼル 岩田 真須美