伊勢原山王幼稚園 -神奈川県伊勢原市- 学校法人 山王学園

園のこだわり

日々成長しています🎵

2017年6月28日 水曜日

H29・6.28(水)

気がつけば、6月も終盤に差し掛かりもうすぐ7月ですね!日を増すごとに暑さも厳しくなっておりますので、皆さま熱中症にはお気をつけ下さい。

 

本日は最近のすみれ組の様子をお伝え致します!

月曜日に異年齢交流の仲良しデーが行われました!

すみれ組は、さくら3組、たんぽぽ組、いちご組と同じグループです。まずはホールで体操を行います。3組さんのかっこいい姿やいちご組やたんぽぽさんにかっこいい所を見せなきゃいけないと刺激を受けたのかいつも以上に頑張っていました!

DSCN2217DSCN2218

各年齢で頑張っている体操の技を見せていきます。すみれ組はブリッジ歩きを見せました!ゴールには3組さんの男の子が待ってくれていて、そこに向かって一生懸命頑張る子ども達を見てとても心がジーンとしてしまいました。ブリッジ歩きが全員できるようになるまであと少しです。毎日の練習で少しずつではありますが、確実に成果が見えてきています。体操が得意な子は自分だけできればいいのではなく、すみれ組全員が出来るようになるまで応援する。少し苦手な子は、みんなが応援してくれるパワーをもらって頑張る。という気持ちが出てきています。この気持ちを大切にこれからも引き続き頑張っていきたいと思います!!

DSCN2220

 

その後、園庭でシャボン玉を行いました。年齢関係なくたくさんの子と関わり、楽しそうな笑顔をたくさんみることができました(^ ^)

DSCN2225DSCN2231

DSCN2233DSCN2236

 

最近ではクラスにも慣れてきて友達との関わりも増えた分、意見のぶつかり合いが少しずつ出てきています。自分の要求を通そうとするものの、それが出来ないという葛藤がありながらも我慢するという事を学んでいます。また相手の気持ちにたって思いやりを持った行動が出来るように日々取り組んでいます。

思いやりの気持ちを教えていくうえで、市村先生が去年の年中さんにお手紙に書いて下さった(やさしくするとやさしくされる。やさしくされるとやさしくしたくなる)という言葉を子どもに伝えました。すると子どもたちから「そうなんだ!」の驚きの声や「うんうん」という納得の声が聞こえてきました。そして少しずつ思いやりや優しさが行動で出てきています。

誰かの物が落ちていたら「先生〜◯◯くんのが落ちてる〜」と私に教えるだけだったのが、直接その子に渡してあげたり元の場所に戻してあげていました。また誰かが困っていると子ども達同士で助け合う姿も見られています。心も体もどんどん成長していく子ども達。優しく思いやりのあるお兄さんお姉さんになってほしいです🎵

すみれ組 森 紗里奈