伊勢原山王幼稚園 -神奈川県伊勢原市- 学校法人 山王学園

園のこだわり(日々の風景)

感謝~ありがとう~

2017年12月20日 水曜日

2017.12.20(水)

 早いもので今日で2学期終業の日となりましたね。2学期は行事も多く、子ども達の成長を日々感じることができました。行事の度に大きくなる子ども達。みんなから沢山の元気と感動をもらうことができました。

 私事ですが、赤ちゃんを授かり明日から産休となります。

産休に入る前に、全クラスの子ども達に一冊の本を読み聞かせしました。

DSCN1771

「IWish You More  おかあさんはね」

エイミー・クラウス・ローゼンタール:ぶん

トム・リヒテンヘルド:え

髙橋久美子:やく

この絵本は、お母さんの願いが込められています。初めて読んだ時、

我が子もこの様に育って欲しいな、山王のママさん達もきっとこんな思いで

子育てをしているんだな、と思うと涙が出てきました。

DSCN1772

“おかあさんはね ときどき かぜに おねがいするの

あなたが ないたりせずに

きょうもわらって いられますように”

 

DSCN1773

“もっとちょうだい よりも どうぞっていえる

やさしいこに なりますように”

 

DSCN1774

“おかあさんはね ときどき そらにも おねがいするの

あなたが ひとりぽっちじゃなく

みんなで ちからを あわせられますように”

 

DSCN1775

“かなしいとき「だいじょうぶだよ」って いってくれる

おともだちが そばにいますように”

 

紹介したのは一部分ですが、この絵本のように普段の何気ない日常が幸せであるということ。

お母さんのお腹にいる時、産まれてから今まで、そしてこれからもずっと、

お母さんはみんなのことが大好きだということ。

みんなが産まれてくるのを誰もが心待ちにしていたこと…

みんなは沢山の人たちから支えられ、応援され、愛されているということを子ども達に伝えました。

難しい話ではあったけれど、真剣に話を聞いてくれた子ども達の姿がとても嬉しかったです。

 

 年長のある女の子が、この絵本をお母さんに買ってもらったそうです。気に入って読んでくれているのを聞き、心が温まりました。

 

 毎日何人もの子ども達がお腹の赤ちゃんに話しかけてくれたり、お腹を触ってくれたり、お手紙をくれたり、赤ちゃんの名前を考えてきてくれたり…毎日が本当に本当に幸せでした。

幼稚園に来る日数が減っていく度に、とても寂しい気持ちになり、みんなを見るとウルッとなってしまったり…

私の幼稚園人生は、本当に沢山の人たちがいてくれたからこそ、ここまで頑張ることができました。

いつも側で支えてくれた山王幼稚園の先生方!本当にありがとうございました!!

保護者の方々も気にかけて声を掛けて下さったり、沢山の応援、励ましの言葉を頂き本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

山王ママさん達の様に、出産・子育てを頑張りたいと思います!!

今まで本当にありがとうございました!!

 明日から冬休みですね。寒くなってきましたので、体調に気を付けてお過ごし下さい。

また大好きなみんなに会えるのを楽しみにしています☆

これからもみんなのこと ずっと応援しているよ☆

加藤 和美